自転車・バイク・自動車

自転車

[重要] 自転車損害賠償保険等への加入について

仙台市内で自転車に乗るためには、仙台市の条例により、自転車損害賠償保険等に加入しなければなりません。自転車損害賠償保険等とは、自転車で走行中、他人に怪我をさせたりした場合に、その損害賠償を補償する保険です。

留学生は、インバウンド付帯学総で対応できますので、未加入の場合は「学研災」及び「インバウンド付帯学総」に必ず加入してください。

防犯登録

法律により、自転車利用者は自分の自転車を防犯登録する義務があります。新しい自転車を自転車販売店で購入した場合は、その販売店が登録手続きをします。防犯登録には600円の手数料がかかります。

他人から自転車を譲り受けた場合も、新たに防犯登録する必要があります。防犯登録に必要なものを持参して「自転車防犯登録所」の看板が掲示してある防犯登録所(自転車店・スーパー・ホームセンター等)にて手続きをしてください。

自転車の交通ルール

自転車は原則車道の左側を通行しましょう。例外的に、歩道を通行することもできます。

自転車歩道通行可の標識

参考:

交通安全ビデオ「自転車ルール 知っていますか?」

この交通安全ビデオは、日本の交通ルールに不慣れな外国人住民を主な対象とし、自転車の安全な利用のために最低限必要なポイントを分かりやすく伝えるとともに、ルールやマナーの順守を促すことを目的として公益財団法人仙台観光国際協会(SenTIA)が制作したものです。

自転車の安全な利用方法や自転車事故を起こしてしまった場合の対応等を動画で学ぶことができます。交通事故に巻き込まれないようにするために、ぜひご覧ください。

自転車運転者講習

2015年6月1日から改正道路交通法が施行され、信号無視や一時停止等、特定の「危険行為」を過去3年以内に2回以上繰り返すと「自転車運転者講習」の受講が命じられます。

放置禁止区域

多くの駅周辺には、有料自転車駐車場があります。詳しくは各管理事務所にお問合せください。自転車等放置禁止区域内の放置自転車等は即時撤去されます。引取りの際には、身分証明書と撤去保管費用の支払いが必要となります。

バイク

バイクの運転ルールは自動車と同様です。

自動車

自動車運転免許

日本で自動車を運転できる免許には3つの種類があります。

1. 国際免許証

日本で有効な国際免許証は、ジュネーブ条約の加盟国が発行したものです。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/kokugai/kokugai04.html
国際免許証はその有効期間内または入国した日から1年間のどちらか短い方の期間で有効です。この期間以上運転するときは、外国の免許証を日本の免許証に切り替える必要があります。

2. 外国の免許証

スイス、スロベニア、ドイツ、フランス、ベルギー、モナコおよび台湾が発行する有効な免許証を持っている場合は日本語の翻訳文を添付すれば、国際免許証がなくても入国後1年間運転できます。

3. 外国の免許証から日本の免許証への切り替え

有効な外国の免許証を持っていて、免許証を取った後その国に3ヵ月以上滞在していた方は最寄りの運転免許試験場で、日本の免許証への切り替えを申請することができます。主な必要書類は以下のとおりですが、詳細は試験場に確認して下さい。

  • 有効な国際免許証あるいは外国の運転免許証
  • 取得国での滞在が3ヶ月以上あることが証明できる書類(パスポートなど)
  • 外国の運転免許証の日本語による翻訳証明書(自国大使館か日本自動車連盟=JAFで翻訳されたもの)
  • パスポート(更新している場合は旧パスポートも)
  • 在留カード(または外国人登録証明書 )/ 写真1枚(縦3cm × 横2.4cm)/申請料

問い合わせ先
宮城県警察 運転免許センター  TEL 022-373-3601
http://www.police.pref.miyagi.jp/hp/menkyo/main/menu.html(日本語)
(外国免許切り替え申請手続きについて)
http://www.police.pref.miyagi.jp/hp/menkyo/main/gaikoku.html(日本語)

自動車購入

車を購入するには、自動車の保管場所(駐車場)を確保し、保管場所を管轄する警察署長から自動車の保管場所の証明(車庫証明)を発行してもらう必要があります。場所によっては駐車場は確保が困難で費用が高くかかります。自動車販売業者の購入の場合、販売価格、税金、車のナンバープレート、強制自責賠償保険の費用を支払います。万が一の事故に備えて、任意保険の加入を強くお勧めします。また、納税、車検の義務があります。

仙台は、冬になると雪が降り路面も凍結することがあるので、仙台で車を運転する時は冬専用のタイヤ(冬タイヤ)を装着する必要があります。冬タイヤの購入と装着については、車を購入した販売店か、最寄りの車用品店に相談してください。

Useful Resources

Arrival

Life

Learn

Other