Home > Visa and Status of Residence > 東北大学在留資格認定証明書(COE)Web申請システム

東北大学在留資格認定証明書(COE)Web申請システム

東北大学国際交流サポート室は、在留資格認定証明書(COE)を入国管理局に申請するために「在留資格認定証明書交付申請書」を作成します。申請者はそのために必要な情報を「東北大学在留資格認定証明書(COE) Web 申請システム」を使って入力します。入力内容に誤りがあると、在留資格認定証明書(COE)の発行に通常以上の時間がかかる場合があります。申請は必ず申請者本人が行う必要があります。東北大学の教職員による代理申請は受け付けることができませんので、あらかじめご了承ください。入国管理局におけるCOEの標準処理期間は1~3か月ですので、来日の3か月前には手続を始めるようにしてください。

WEB申請に必要な書類

  1. パスポート(パスポートが申請中であってもCOEの申請はできます。申請中あるいはこれから申請する場合は、パスポート情報を入力する箇所にはproceedingのチェックボックスをチェックしてください。)
  2. Form1: 在留資格及びビザ(査証)の取得手続きについて
    Form1 「留学」  日本語  English
    Form1 「教授」  日本語  English
    Form1 「教授」(JSPS)  日本語  English
    Form1 「文化活動」  日本語  English
    Form1 「家族滞在」  日本語  English
  3. Form2: 東北大学在留資格認定証明書(COE)Web申請及びビザ申請のためのインフォメーションシート
    Form2は、受入れ部局から送付されたものを参照してください。
    Form2 「留学」  日本語  English [記入例]  日本語 English
    Form2 「教授」  日本語  English [記入例]  日本語  English
    Form2 「教授」(JSPS)  日本語  English [記入例]  日本語  English
    Form2 「文化活動」  日本語  English [記入例]  日本語  English
    Form2 「家族滞在」 日本語 English [記入例]  日本語  English
  4. 【家族滞在の申請の場合】
    配偶者:結婚証明書等の家族関係を証明する書類 、在職証明書等の扶養者の職業と収入がわかる書類
    子供:出生証明書等の家族関係を証明する書類、在職証明書等の扶養者の職業と収入がわかる書類

東北大学在留資格認定証明書(COE)Web申請システム

https://supportoffice.bureau.tohoku.ac.jp/apply/startinput

東北大学在留資格認定証明書(COE)Web申請システムの入力手順

  1. TOP画面で申請する在留資格の種類を「留学・教授・文化活動・家族滞在」の4つの中から選びます。
  2. 必要な情報を入力します。入力後、 confirm ボタンをクリックしてください。
  3. 2.で入力したメールアドレスに、パスワードが送信されますから、メールで示されたURLにメールアドレス・送付されたパスワードを入力し、必要な情報を入力します。
  4. 入力途中で保存する場合は、Saveボタンを押します。こまめにSaveすることをお勧めします。
  5. エラーの表示が出た場合、入力した情報を修正してください。
  6. 必要書類をシステムにアップロードしてください。アップロードできない場合は、e-mailで国際交流サポート室まで送付してください。
  7. 入力及びアップロードが終わったら、Confirmボタンをクリックしてください。情報入力にエラーがない場合、入力した情報が表示されます。間違いがないかを確認してからApplyボタンをクリックしてください。
  8. 画面上に “Your application is being processed.”(ただいま受付処理中です。)のサインが出ます。数日後、国際交流サポート室で受付されると、”Application has been accepted”のメールが届きます。申請内容は確認できますが、編集・再提出はできません。情報の修正が必要な場合は、国際交流サポート室にご連絡ください。
    システムからe-mailが届かない場合は、e-mailが、迷惑メールBoxに入っているかもしれないので、確認してください。

情報を入力するときの注意事項

COE送付先住所について

COEが発行されたらすぐに国際郵便で申請者宛に発送します。送付先住所については、必ず郵便が受け取れる住所を正確に入力してください。

Page Top