Home > Visa and Status of Residence > 在留資格判断チャート

ビザと在留資格の判断チャート

東北大学に滞在することが決まったら、担当教職員と連絡を取り、在留資格認定証明書(COE)及びビザ(査証)取得のための手続きを取りましょう。

以下のフローチャートを使って、自分に必要な手続きを確認してください。

「ビザ」及び「在留資格」判断チャート

在留資格認定証明書が必要なビザの種類
『留学』……滞在期間が90日を超える留学生
『教授』……東北大学から報酬を受け取る研究者/日本学術振興会(JSPS)から報酬を受け、東北大学で受け入れる研究者
『文化活動』……滞在期間が90日を超える、報酬の発生しない研究者
『家族滞在』……滞在期間が90日を超える留学生・研究者の配偶者及び子

※短期滞在の場合は、在留資格認定証明書の取得の必要はありません。
短期滞在ビザの手続きを参照してください。

短期滞在ビザの手続き

国籍・地域によっては、「短期滞在」ビザが免除されています。ビザ免除国・地域一覧で確認してください。
短期滞在ビザの手続きは以下のとおりです。

東北大学から報酬、給与が出ない研究者、また留学生・研究生で、日本での滞在期間が90日以内の者は、日本大使館または領事館に申請に必要な書類を持参し、『短期滞在』の査証(ビザ)を申請します。受入機関である東北大学からの書類も必要ですので、東北大学の担当者に短期滞在査証申請に必要な書類の送付を依頼してください。必要な書類がそろったら、ビザ申請書・パスポートとともに最寄りの日本大使館・総領事館にてビザを申請してください。通常一週間程度の時間を要します。ビザの有効期限は3か月ですので、3か月以内に日本に入国してください。
外務省のウエブサイトのほか、最寄りの日本大使館・総領事館のウエブサイトも必ず確認してください。

申請人の国籍が短期滞在ビザの免除国であれば、ビザは必要ありません。

短期滞在ビザの免除国(地域)リスト

「短期滞在」ビザ免除国
(日本語)http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/novisa.html
(英語)http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/short/novisa.html

短期滞在ビザ手続きの流れ
(日本語)http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/nagare/tanki.html
(英語)http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/process/short.html

ビザ申請者の地域

中国
(日本語)http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/china.html
(英語) http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/topics/china.html
ロシア
(日本語)http://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page23_001834.html
(英語)http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/short/russia_nis.html
フィリピン
(日本語)http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/philippine.html
(英語)http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/short/philippine.html
その他の国・地域
(日本語)http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/other_visa.html
(英語)http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/short/other_visa.html

短期滞在ビザ(短期商用等)にかかる部局担当者の手続き

ビザ(査証)は、申請者本人のパスポートに発行されます。
国際交流サポート室では、「短期滞在」のビザの申請の支援はいたしませんので、下記の流れにそって、招へい部局等で必要書類を作成し、申請人本人に書類を送付し、最寄り(外国の)の日本国大使館・総領事館にてビザの申請をするようにしてください。

「短期滞在(短期商用等)」で受け入れる場合

受入部局は、「身元保証書」「招へい理由書」「申請人名簿」「滞在予定表」(以上は様式を外務省ウエブサイトからダウンロード)、身元保証人(受入教職員)の在職証明書(人事担当係へ発行を依頼する)・招へい状(または受入状)(適宜様式)を作成し、申請人本人に郵送します。
発給されるまでに時間がかかる場合がありますので、余裕をもって手続きを行ってください。
ご不明な点は国際交流サポート室までお問い合わせください。

Page Top