Home > Public Transportation

各種交通案内

交通(鉄道・地下鉄・バスなど)

仙台には複数の公共交通機関があります。同じ経路を何度も利用する場合は、定期券や回数券を利用すると経済的です。留学生の方は学生割引を利用できる場合がありますので、各公共交通機関に確認してみてください。


鉄道

主な鉄道会社のリストは以下のとおりです。

地下鉄

  • 南北線(仙台市交通局)
  • 東西線(仙台市交通局)

切符は地下鉄の駅の券売機で買うことができます。また、icsca等のICカードによる支払いが便利です。
片平キャンパス・川内キャンパス・青葉山キャンパスへは東西線をご利用ください。
路線図はこちら

バス

仙台市を走る路線バスの乗り方(Sendai Bus Handbook)


航空機

航空便は国内の主要都市を往復しています。
仙台空港(日本語のみ)
航空券は通常2ヶ月前から購入できます。予約は電話かインターネットで可能で旅行代理店でも購入できます。仙台空港で運航している主な国内線航空会社は以下の通りです。

全日空 (ANA) 0570-029-222 http://www.ana.co.jp
日本航空 (JAL) 0570-025-071 http://www.jal.co.jp
IBEX エアー 0120-686-009 http://www.ibexair.co.jp
スカイマークエアライン 050-3116-7370 http://www.skymark.co.jp/ja/
Peach 0570-200-489 http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/homeJP.aspx
AIR DO 0120-057-333 http://www.airdo.jp/ap/index.html

タクシー

駅や公共施設のタクシースタンドから乗車したり、路上で拾ったり、タクシー会社に電話をしてピックアップを頼むこともできます。乗客側の扉は自動開閉です。殆どのタクシードライバーは外国語を話しませんので、目的地を日本語で明記した住所や地図をドライバーに渡すことをお勧めします。 タクシー料金は各都市・車のサイズによって異なります。深夜と早朝には割増料金がかかります。料金は時間距離併用制をとっています。チップは必要ありません。
以下の表は、宮城県のタクシー料金の目安です。あくまで目安であり、また料金は変更になる可能性がありますので、あくまでも参考資料としてお使い下さい。

宮城県のタクシー料金

仙台市
中型 距離制運賃 初乗運賃 1,700mまで680円
加算運賃 以後238mごとに80円
時間距離併用制運賃 1分35秒ごとに80円加算
小型 距離制運賃 初乗運賃 1,700mまで670円
加算運賃 以後283mごとに80円
時間距離併用制運賃 1分55秒ごとに80円加算
仙台市以外
中型 距離制運賃 初乗運賃 1,500mまで680円
加算運賃 以後288mごとに90円
時間距離併用制運賃 1分45秒ごとに90円加算
小型 距離制運賃 初乗運賃 1,500mまで670円
加算運賃 以後340mごとに90円
時間距離併用制運賃 2分5秒ごとに90円加算

▲ Page Top

ICカード、定期券

ICカード(icsca)

icscaと呼ばれるICカードは、一定の金額をカードにチャージしておくことで、バスや地下鉄をスムーズに利用することができます。icscaを新規購入する際に、デポジット(預かり金)として500円を預けることになります。このデポジットはicscaが不要になった際に、そのicscaと引き換えに返金されます。また、記名式icscaをバスの定期券、地下鉄-バス定期券、学都仙台フリーパスとすることができます。

購入場所

icscaは、地下鉄駅券売機のほか、バス車内、バス営業所、みやぎ生協などの一部店舗にて購入できます。ただし、バス車内、みやぎ生協などの一部店舗では、無記名式icsca(2,000円)のみの販売となります。詳細は、こちら(仙台市交通局ホームページ)をご確認ください。

チャージ場所

地下鉄駅券売機などに加えてバス営業所やみやぎ生協などの一部の店舗、またはバス車内でもチャージできます。バス車内でチャージする際は乗務員に声をかけてください。

ポイントサービス

icscaを使って地下鉄やバスに乗ると、利用に応じて基本ポイントと乗り継ぎポイントが貯まります。貯まったポイントは、運賃として利用できます。
基本ポイント:その月の乗車回数や金額に応じてポイントが貯まります。
乗継ポイント:地下鉄とバスを60分以内に乗り継ぐとポイントが貯まります。

チャージ場所

地下鉄駅券売機などに加えてバス営業所やみやぎ生協などの一部の店舗、またはバス車内でもチャージできます。バス車内でチャージする際は乗務員に声をかけてください。

各種交通系ICカードについて

地下鉄・バス・仙台空港鉄道では、icscaの他、SuicaやSuicaと相互利用している交通系ICカード(PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけん)が利用可能です。

icsca

定期券

鉄道、地下鉄、バスなどの交通機関では通学と通勤の2 種類の定期券を発行しています。(利用の頻度によっては、定期券より回数券のほうが安いことがあります。)地下鉄/バスでは、留学生(正規生、研究生、特別研究学生、科目等履修生、特別聴講学生)は通学定期券を購入することができます。(JRの場合は、非正規学生は通学定期券を購入することができません。)通学定期券を購入するには、通学証明書を発行してもらう必要があります。
詳細は各交通機関のホームページでご確認下さい。

 

定期券の発行方法

  1. 学校で通学証明書を発行してもらう
    学部3年次以上 →所属学部・所属研究科の教務担当窓口
    学部1・2年次学生 →川内北キャンパス教育・学生総合支援センター1F④番窓口
    非正規生(研究生、特別研究学生、科目等履修生、特別聴講学生) →所属学部・所属研究科の教務担当窓口
  2. 定期券購入場所で通学証明書を提出し購入する。
    (7日前から購入可能)

▲ Page Top

学生の割引制度

「学都仙台 市バス・地下鉄フリーパス」

「学都仙台 市バス・地下鉄フリーパス」は、「市バス」、「地下鉄」、または「市バスと地下鉄」で通学する場合の割引制度です。非正規生も適用されます。券種は以下のとおりです。

大人(中学生以上) 区分 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
市バスフリーパス 市バスのみ 5,140円 15,420円 30,840円
地下鉄フリーパス 南北線のみ 6,950円 20,850円 41,700円
東西線のみ 6,950円 20,850円 41,700円
南北線+東西線 8,340円 25,020円 50,040円
市バス・地下鉄フリーパス 市バス+南北線 10,280円 30,840円 61,680円
市バス+東西線 10,280円 30,840円 61,680円
市バス+南北線+東西線 11,460円 34,380円 68,760円
       

(注)「るーぷる仙台」、「楽天Koboスタジアム宮城シャトルバス」、「宮城交通バス」には利用できません。

購入の仕方 (新規(初回)に購入するとき)
  1. 学校で通学証明書を取得する
    学部3年次以上 →所属学部・所属研究科の教務担当窓口
    学部1・2年次学生 →川内北キャンパス教育・学生総合支援センター1F④番窓口
    非正規生(研究生、特別研究学生、科目等履修生、特別聴講学生) →所属学部・所属研究科の教務担当窓口
  2. 購入場所で、通学証明書及び必要事項を記入した「icsca通学定期券 購入申込書」を提出する
    (7日前から購入可能)
購入の仕方 (継続で購入するとき)
  1. 購入場所で、旧券(現在所持しているフリーパスなどの通学定期券)と学生証を提示し、必要事項を記入した「icsca通学定期券 購入申込書」を提出して購入する
    (有効期限日を含めた14日前から購入可能)
    毎年度最初に購入するとき、通学証明書の提出が必要になります。
  2.   

「icsca通学定期券 購入申込書」は定期券発売窓口にあります。また、こちら(仙台市交通局ホームページ)からもダウンロードできます。事前に記入したものを持って行くとスムーズに手続きができます。

購入場所
  1. 泉中央駅、勾当台公園駅、仙台駅、長町南駅、八木山動物公園駅、薬師堂駅、荒井駅、旭ヶ丘バスターミナル、交通局庁舎の乗車券発売所
  2. 霞の目、実沢、東仙台、白沢のバス営業所・出張所

JR学生割引乗車券

JR に片道100km を超えて乗車する場合、大学が発行する「学生・生徒旅客運賃割引証」(学割証)を提示すると、運賃が2 割引きになります。但し、この割引が適用されるのは、学部学生と大学院学生のみで、1年間に発行してもらえる学割証は20枚までとなっています。学割証は、学生証を用いて証明書自動発行機により発行を受けることができます。

Page Top