Home > Life in Sendai > 国民年金

国民年金

日本に住む20歳以上60歳未満の方は、外国人を含めて国民年金に加入し、保険料を納めることが法律で義務付けられています。

加入の手続き

国民年金の加入者は次の3種類に区分され、加入の手続きは次のとおりです。

区分 説明 手続き
第1号被保険者 日本に住む20歳以上60歳未満の人で、次の第2号被保険者または第3号被保険者に該当しない人 市区役所の国民年金窓口で本人が行う
第2号被保険者 会社等に勤めて、厚生年金等に加入している人 会社の事業主が行う
第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者 会社の事業主が行う

学生、日本学術振興会(JSPS)外国人特別研究員、在留資格が文化活動である研究者は、第一号被保険者となるため、住んでいる地区の区役所の保険年金課で 「国民年金被保険者資格取得届出書」を提出し加入手続きを行います (在留カード、マイナンバー通知カード持参)。新規来日の場合は、 転入手続き後に区役所の保険年金課で手続きをしてください。

20歳になったら

20歳の誕生月の前月に日本年金機構から送られる 「国民年金被保険者資格取得届出書」に必要事項を記入し、住んでいる地区の区役所の保険年金課に提出します(学生証持参)。このとき同時に保険料の納付猶予制度 学生納付特例制度の申請を提出することもできますので、下記を参照してください。

参考サイト

20歳になったら、どのような手続きが必要ですか(日本年金機構)

日本の国民年金制度(日本年金機構)

▲ Page Top

年金手帳

 

国民年金の加入手続きが終わると、年金手帳が交付されます。この年金手帳は、年金を受け取るときなどに必要です。また、一度交付された年金手帳は、一生使いますので大切に保管してください。

年金手帳



▲ Page Top

免除・猶予制度

 

所得が少ない等の理由で保険料を納めることが困難なときは、市区役所に申請して承認されると、保険料免除または学生納付特例を受けられます。

学生納付特例制度

学生納付特例制度は、学生期間中の保険料の納付が猶予され、社会人になってから納付できる制度です(正規生のみ)。ただし、特例を受けた期間は老齢基礎年金を受けるための25年の資格期間に算入されますが、年金額には反映されません。

手続き
 

川内北キャンパス教育・学生総合支援センター1階3番窓口にて「国民年金保険料学生納付特例申請書」を受け取り、提出する。(学生証のコピー(A4サイズ)添付)

免除の可否については、日本年金機構で審査され、手続きをしてから3か月前後で通知書(はがき)が送付されます。免除申請期間は、毎年4月から翌年3月までです。年度ごとに(4月から翌年3月)免除申請が必要です。

納付免除・納付猶予

研究生の場合は、「学生納付特例制度」は適用されませんが、「納付免除・納付猶予」の申請をすることができます。詳しくは国民年金機構ウェブサイト

手続き

区役所の保険年金課にて「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」を提出してください。

 

免除の可否については、日本年金機構で審査され、手続きをしてから3か月前後で承認、または却下(不承認)通知が送付されます。免除申請期間は、毎年7月から翌年6月までです。

 
注意

「研究生」から「正規生」に進学した場合、別途、上記「学生納付特例」申請手続きが必要です。

▲ Page Top

保険料の納付

保険料の納付は、コンビニエンスストアなどでの「現金納付」、口座振替、クレジットカード納付などがあります。詳しくは国民年金機構ウェブサイト

脱退一時金

 

国民年金の保険料納付済期間の月数と半額免除期間の月数の2分の1の月数の合計が6か月以上あり、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない外国人が、日本を出国した日から2年以内に請求すれば、保険料納付月数に応じて、脱退一時金が支給されます。

請求手続き

  1. 脱退一時金の請求書を出国前に取り寄せてください。
  2. 日本を出国後、請求書に必要な事項を記入のうえ、社会保険業務センター(東京都杉並区)宛てエアメールにて郵送してください。
  3. 参考サイト

    短期在留外国人の脱退一時金

国民年金のお問合せ先  国民年金に関するお問合せ先は、地域の市区役所または社会保険事務所となります。

年金保険事務所(宮城) 管轄地域

Page Top