Home > On Arrival >市役所・区役所での手続き

市役所・区役所での手続き

転入届

上陸したら、14日以内に所管の区役所に転入手続きをしなければなりません。在留カードを取得済みの場合は、パスポート・在留カードを持参し、区役所で転入届を提出します。
在留カードが発行されていない場合は、パスポートを持参し、転入届を提出します。在留カードは転入届後、2~3週間で在留カードが登録した住所に郵送されます。

転入届を提出したら、同時に住民票を最低2通、発行してもらいましょう。東北大学での手続きや、銀行口座の開設、携帯電話の契約などに必要です。

届出先

所属の区役所または総合支所(住所地によります。)住所が「青葉区」であれば、「青葉区役所」になります。

  • 青葉区役所
  • 宮城野区役所
  • 若林区役所
  • 太白区役所
  • 泉区役所
  • 宮城総合支所
持参するもの

旅券(パスポート)、在留カード(交付されている場合)

提出する書類

転入届(用紙は市役所で入手できます)

詳しくはこちら(仙台市ウェブサイト)をご覧ください。

国民健康保険

※もしあなたが東北大学に雇用されていて社会保険や共済に加入しているなら、国民健康保険に加入する必要はありません。

国民健康保険は、医療費の負担を軽くするため、加入者が掛け金を出し合い医療費にあてようとする全国的な相互扶助の制度で、各地方自治体が事務を行なっています。日本に3ヶ月以上滞在する外国人で、勤務先の社会保険などに加入していない人(同伴家族も含む)は国民健康保険に加入しなければなりません。前年度の所得がないことを申告すれば、通常の保険料の約7割が減額されます。
加入者は保険料を支払わなければなりませんが、加入することによって医療機関において治療費や入院費が発生する医療行為を受けた場合、30%の費用負担で済みます。また、この保険は海外旅行傷害保険などでは対象外となる歯科疾病・慢性疾患にも適用される部分があります。医療機関に行く時には必ず「国民健康保険被保険者証」を持参し、窓口に提示しなければいけません。

国民健康保険については、こちらも参照してください。

加入手続きをする場所

各区役所、国民健康保険担当課

持参するもの

旅券(パスポート)、在留カード(交付されている場合)

提出する書類

加入届(用紙は区役所で手に入れることができます)

支払い

保険料は1年毎に、日本での前年度の収入をもとに計算されます。1年間の保険料は10回分納で6月から翌年3月まで毎月支払います。銀行か郵便局の口座振替(要手続き)もしくは納付書を持って銀行、郵便局、役所、コンビニエンスストアなどで支払いができます。前年の収入が基準額以下の場合に保険料の減額申請もできます。詳細は窓口で問い合わせてください。

住所を変更した場合

違う市町村に転居するときは、引越前に市役所の国民健康保険の窓口で転居日を届け出ます。引越後は、必ず2週間以内に転居先の役所に届け出てください。

国民年金

日本に住む20歳以上60歳未満の方は、外国人を含めて国民年金に加入し、保険料を納めることが法律で義務付けられています。
区役所の転入手続きのあとに、保険年金課で加入手続きを行います(パスポート・(交付済みの場合)在留カード持参)。国民年金の加入および納付免除等の手続きは国民年金

Page Top