Home > On Arrival > 銀行(郵便局)での手続き

銀行(郵便局)での手続き

銀行口座開設

在留期間が3か月以下で在留カードが交付されない外国人は、銀行口座を開設することができません。報酬の支払いが発生する非常勤講師等の場合、海外送金または現金での支払いになります。

銀行口座を開設すると、預金、送金、海外からの送金の受け取り、公共料金の自動振込、クレジットカードの代金支払い、両替等ができます。奨学金や報酬を受取る場合、銀行振込によって手続きが行われますので、口座開設が必要となります。ほとんどの銀行の窓口営業時間は、平日の月曜から金曜の午前9時から午後3時頃までです。それ以外の時間帯でもATMを利用すれば現金の入金・引出し等ができます。ただし、利用時間や契約銀行以外の銀行のATMを利用すると手数料がかかります。最近では、コンビニエンス・ストアなどでもATMを設置する店が増えてきています。

銀行口座の開設

銀行口座を開設する際の必要書類は銀行によって多少異なります。一般的な例は下記のとおりです。

  • 在留カード(在留カードがまだ発行されていない間は、銀行口座の開設はできません。)
  • 旅券(パスポート)
  • 住民票記載事項証明書(区役所で発行してもらいます)
  • 国民健康保険証
  • 印鑑(ない場合はサインで受付けてもらえる場合もあります)
  • 東北大学の学生証(学生の場合)

銀行所定の、普通預金口座開設申込書、その他必要な書類に必要事項を記載します。ATMも利用できるよう、同時にキャッシュカードも作っておくことをお勧めします。キャッシュカードの作成には4ケタの暗証番号が必要となります。万一カードを紛失した場合、簡単な暗証番号だと悪用されてしまう恐れもあるので、他人にわかりにくい番号にする必要があります。手続きが済めば、その場で通帳が発行され、キャッシュカードは後日郵送されます。


印鑑

海外への送金、海外からの送金、外貨両替

簡単な手続きで受取人の取引銀行の預金口座に確実に送金できます。銀行の窓口で、取引銀行名、支店名、口座の種類、口座番号、住所、氏名を記入して申し込みますが、手数料が必要です。ゆうちょ銀行は口座を開設して初めの6か月は海外からの送金を受け取ることができません。海外からの送金を生活費にする予定の人は、ゆうちょ銀行以外の銀行で口座を開設してください。
外貨の両替やトラベラーズチェックの換金は「財務省認可両替商」の表示がある銀行で取り扱っています。

公共料金の自動支払い

電気、ガス、水道、電話料金、NHK受信料(家でテレビを見る際に必要となります)などの公共料金を銀行の口座から自動的に引き落とすことができます。手続きする際には、通帳、印鑑(口座を開設した時に使用したもの)とともに公共料金の「お客様番号」や「会員番号(領収書に記載)」を記載して申し込みます。

Page Top